スキューバーダイビングについて

スキューバーダイビングについて始める方は、周囲の水と角膜の間に空気の層を設けるためのマスクとJ字型の管の顔面を水に漬けた状態で呼吸をするためのシュノーケルが必要です。また、人間が最も大きな力を出せる脚部の運動を推進力に変換することで、水中や水面を効率よく移動すためのフィンなどのダイビング器材やダイビングのお客さんの保護や保温を目的とした保護スーツが必要になります。

そして、スキューバーダイビングについては、保護スーツなどのダイビング器材は浮力を有するため、これらを身につけてダイビングのお客さんが潜行することは不可能ないし困難です。

 

かかる浮力を相殺し、潜行を可能ないし容易にならしめるための金属製の錘を身につける必要があります。それから、呼吸用のガスを圧縮して連携するためのタンクやタンクに充填された高圧の呼吸ガスを呼吸に適した圧力まで減圧する装置でもあるレギュレータなどのダイビング装置などの呼吸用の器材が必要です。ダイビングのお客さんがダイビングに使用する浮力調整装置でもあるBCと呼ばれる浮力の変化を相殺し、常に一定条件での潜水が可能になるようにするために使用される浮力調整用のダイビング器材もあります。スキューバーダイビングについては、呼吸や中性浮力、圧平衡などの基本技術も必要になります。